検索
  • da5br1gky14r1n

硬水対策頭皮ケア(肌質の違い編)

こんにちは!

Vider la tête ヘッドセラピストYUKIです。



初めてのブログ記事!

本日はヨーロッパに移住してきた日本人のほとんどの方が直面するであろう

“硬水”の壁についてお話ししたいと思います!





オランダをはじめヨーロッパの水は日本の一般的な水”軟水”と異なり、カリウムなどが多く含まれる硬水です。





この硬水を用いて毎日のケアを行うのですが、毎日洗髪・洗顔を行うのがメジャーな日本人


髪の毛がパサパサ、頭皮もお肌もカサカサになってしまうことが!




現地ヨーロッパ人は、数日に一回のシャンプーやお顔は拭き取りクレンジングがメジャーと聞き、試してみた方も多いのではないでしょうか?





いざ試してみるとシャンプーしない日は頭皮のべたつきや痒みが出てしまったり、

日本人の肌質には合わないいこともある千差万別な方法でもあります。





そこにはその方の肌質(油分・水分量の特徴)が関係してきますが、


大前提として

西洋人の肌質は

1:角質層が厚く、水分を抱え込みやすい

2:油分は少ない肌質が多い


皮脂分泌が少ないので、たまにのシャンプーでも問題ないのですね。



一方日本人に多い肌質はその逆です。


角質層は薄く水分が逃げやすく、油分が多い特徴があります。

そのため、表面は油っぽいのに実は凄く乾燥肌のインナードライや混合肌の方が多いです。





この肌質タイプが上記のヨーロッパ式スキンケアをそのまま真似すると、

酸化した皮脂が乾燥した頭皮を刺激し痒みを引き起こします。







そこで今日は混合肌の方にお勧めのケア方法のご紹介!


私もオランダ移住当初、髪のパサつきから二日に一回のシャンプーを試しました。

ただ何も付けないと、二日目は少し油分が気になるので、ドライシャンプーでケアしていました。



このドライシャンプー方式は髪の毛のボリュームを出したいときにも、リフレッシュにもオススメ♪


とうもろこしやタピオカパウダーなど天然の成分で頭皮の余分な皮脂を吸着し、さらさらの頭皮をキープしてくれます✨



そのまま2日に一回をこのように続けていたら、当初感じていた油分感も頭皮の油分バランスが整いドライシャンプーも必要無くなりました!




身体も慣れるまでに少し時間がかかることを体感(^^)




2日目のシャンプーはしっかり頭皮を揉み洗いします!

その後頭皮用の保湿剤(ジョンマスターオーガニックの頭皮ローション愛用中)を塗布する事で水分バランスも整います。



頭皮の油分バランスが気になる方は、この様なステップでまず試してみてください(^^)














閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示